いけないことをやめさせるしつけの基本

犬のいけない行動を直すときのしつけの基本は無視です。いけないことをしたら叱るのがしつけと思われている方も多いと思いますが、これは人間のケースです。犬には当てはまりません。

犬の場合、叱ると興奮してしまったり、遊んでくれていると誤解して、その行動を良いこととして学習してしまったりします。

また、犬にとって人間というのは自分よりも遙かに大きな存在ですから、大声を出されたり、はたかれたりすると、大きな恐怖を感じます。それが原因で臆病になったり、人間に警戒心を覚えるようになることもあります。人が苦手で、飼い主以外には近づかないという悲しい習性が身に付いてしまったりもします。

飼い主と犬の上下関係を明確にするためには、厳しいしつけも必要という意見もあるようですが、褒めながらしつけをすることでも、上下関係を犬に理解させることは可能です。

オテやオスワリといったしつけも、飼い主の言うことに従わせる服従訓練ですから、そういったしつけを重ねていけば、ワンちゃんが飼い主よりも自分のほうが立場が上と勘違いすることはありません。

叱るという行為は『百害あって一利無し』です。

無駄吠えや飛びつきなど、ワンちゃんがいけないことをしたら無関心を装ってください。そうするとだんだん落ち着いてますので、そうしたらかまってあげてください。基本的には無駄吠えをしたり、飛びついてきたりするのは、遊んでもらいたい、甘えたいといった欲求の裏返しなので、落ち着いたときに、その欲求を叶えてあげることで、『静かにしていたほうが得なんだ』と理解するようになります。

逆に吠えたり飛びついたときに、何もしてもらえなければ、その行為をしても意味がないと学習することにもなり、自然にやらないようになります。

ちなみに、いけない行為のなかには無視してはおけないこともあります。

コードを噛んだり、盗み食いをしたりといったことです。そういった行為をしたときには、すぐにやめさせることになりますが、このときも叱るのはNGです。

こういった行為については、個々のケースについて対処法があるのですが、『そもそもさせない』が基本中の基本です。

噛まれてはいけないものをワンちゃんが噛めるところにおいておかない
ワンちゃんが食べそうなものは届かないところにしまっておく

これが基本です。犬は学習する動物なので、何度も繰り返すことで習慣化してしまいます。そうなる前にその行動をできないような環境を整えましょう。やめさせるではなく、そもそもやらせないがポイントです。