共生型マンションとペット飼育可マンションの違い

ペット共生型マンションというのは、犬や猫と暮らすことを前提にしたマンションです。マンションの入り口にペット用の水飲み場や足の洗い場がついていたり、屋上がドッグランになっていたりします。

部屋の仕様についても、コンセントが上のほうについている、ワンちゃんが走っても足をすべらせない特殊なフローリングになっているというふうに、犬を飼いやすい造りになっています。

住んでいる人も動物好きが多いので、気を遣わずに飼うことが出来ます。(まだ少数ですが、犬を飼うことが居住条件となっているマンションもあります。)

当サイトの管理人は現在、横浜にあるペット共生型のマンションに住んでいますが、犬を飼うための細かい配慮がしてあるので、特に何ら準備をすることなく、普通に飼い始めることが出来ました。

また、こういったマンションがある地域というのは、ペットを飼う環境が整っているように感じます。

私が住んでいる地域では、ドッグカフェ・ドッグラン・ペットホテルといったペット用の施設がたくさんありますし、24時間対応の動物病院もあります。

犬の散歩に適している遊歩道もあります。もちろん、犬を飼っている人が多いので、お友達をみつけるのも簡単です。

犬好きには、かなり有り難いタイプのマンションです。

ちなみに、管理人が賃貸マンションの物件を探している時、大家さんがペットショップを経営していて、1階にペットショップが入っているマンション、動物病院が入っているマンションを見たことがあります。

他の条件が合わなかったので借りなかったのですが、ペットを飼う人にとっては利便性が高いマンションだなと感じました。

一方、飼育可のマンションというのは、ペット飼育を許可している普通のマンションです。共生型マンションと違い、ペット用の仕様になっているわけではありません。

住んでいる人も、全てが犬好きというわけではありませんので、注意して飼う必要があります。

私は以前、ペット可のマンションに住んでいたことがありますが、夜中に鳴き声がうるさいと激しく口論をしていた人達がいました。個人的には、そちらの口論のほうがよほどうるさくて迷惑だったのですが・・・

また、これは不動産屋さんから聞いた話なのですが、ペット飼育可のマンションで築年数が古い建物は要注意です。借りてくれる人がみつからないので、ここ数年のペットブームにあやかって、動物好きを惹きつけるためにペット飼育可という特別な条件を設定しているものが多いそうです。

要は不人気マンションが入居者を獲得するために設定したということです。不人気には不人気なりの理由があるので、住みづらい、駅から遠い、老朽化が激しいなど、何らかの要因があるはずです。

ペット可ということで飛びつくと、後で後悔することにもなりかねないので、事前のチェックを入念に行いましょう。

ちなみに新築・築淺のペット可マンションであれば、そういった裏事情はないそうなので安心してください。