ハンドシグナルと言葉

犬のしつけは、ハンドシグナルと言葉を使って行います。

私はドッグトレーナーさんから教わったことは、まずはハンドシグナルを理解させてから、そこに言葉を付け加えるということです。そのほうが、犬は覚えやすいそうです。

たとえば、私は我が家のチビに『オスワリ』を覚えさせるとき、最初に手を握りしめるというハンドシグナルを使いました。(しぐさはどんなものでも構いません。)

何度もトレーニングを行うと、握りしめると座るようになります。

それが100%出来たら、手を握りしめると同時に『オスワリ』と口にします。このとき、チビは『オスワリ』という言葉は理解していません。ただし、ハンドシグナルで座るように指示されていることは分かっているので、オスワリします。

そこで褒めてあげるということを何度も繰り返すと、『オスワリ』という言葉が合図になっていることを理解してきます。そうすると、今度は言葉だけで座れるようになります。

これがしつけのプロセスです。

私自身、実感しているのですが、ハンドシグナルのほうが犬は理解しやすいようです。チビは今のところ、『オスワリ』、『フセ』、『待て』、『お手』、『お回り』、『ジャンプ!』といったことができるのですが、そのうち言葉の合図で出来るのは、『オスワリ』と『お手』だけです。

また、『お手』といいながら、『オスワリ』のハンドシグナルを出すと座るというふうに、ハンドシグナルの合図を優先します。

動作で合図したほうが、犬は理解しやすいということを覚えておきましょう。