犬のしつけ実例集:フセ

このページでは、フセの覚えさせ方をまとめていますが、是非、下記ページの内容を理解したうえで、お読みください。

しつけの第一歩は望ましい行動に誘導すること

この理論がベースになっています。
======================================

体勢を低くするフセは相手に服従する姿勢なので、これが出来れば、興奮しているときには、オスワリよりも落ち着けやすくなります。

犬種によっては苦手なワンちゃんが多い姿勢です。柴犬もそうなのですが、我が家のチビでも出来たので、トレーニングすれば、どんなワンちゃんでも大丈夫だと思います。

オスワリを覚えさせた後に行うと、やりやすいでしょう。

フセの教え方ですが、オスワリと同じようにアイコンタクトをしたあと、おやつをワンちゃんの鼻先に持っていって注意を惹きつけます。

そこから、手を足のほうに動かして誘導します。この動きで出来ない時には、下記の画像のように、手をワンちゃんの体の下に入れるような感じにするとやりやすいです。

フセが出来たら、褒めてあげて、おやつをあげます。

あとは、この動きを繰り返して、慣れてきたら、『フセ』という言葉を腕の動きに組み合わせて、言葉を覚えさせます。

フセが出来ると、なんか賢くみえてしまって、カッコイイです!