犬のしつけ実例集:マッサージ

しつけというと変ですが、子犬のうちにマッサージに慣れさせておくと、何かと便利です。人に体を触られることに全く抵抗しなくなるので、日常生活のなかでも、病院で治療を受ける時でも便利です。

飼い主からしてみても、スキンシップがとれて絆を深める機会にもなりますし、毎日のように体を触っていれば、何か異常があったときにもすぐに気づくので、健康管理にも役立ちます。

最初のうちは、あまり触らせてくれないかもしれません。足など、触ると怒る特定の場所があるワンちゃんもいます。体に触ると嫌がったり、威嚇したりするようでしたら、無理をせず、少しずつ慣らしていきましょう。

最初のうちは、触らせてくれるところだけマッサージするということでも大丈夫です。

マッサージのやりかたは人間と一緒で、「なでる」、「押す」、「もむ」が基本となります。ワンちゃんによって好き嫌いがありますので、どんなやりかたを好むのか、探りながらいきましょう。

気持ちよさそうにしていたら、そのやりかたをずっと続けましょう。

マッサージは犬にとっても気持ちが良いものらしく、慣れてくると、うっとりとした顔をしながら、そのまま寝てしまうなんてこともあります。ここまでくると、相手を信頼している証拠でもあるので、飼い主としても嬉しいものです。

余談ですが、マッサージを続けていくことで、性格も穏和になってきたような気がします。落ち着きのないワンちゃん、ヤンチャなワンちゃんの性格矯正にも役立つかもしれないですね。