犬のしつけ実例集:トイレの覚えさせ方

犬のしつけのなかで、最も優先順位が高いことの1つがトイレでしょう。室内犬の場合、トイレの場所を覚えてくれないと、部屋のなかが大変なことになってしまいます。

でも、そう簡単に一筋縄にいかないのもトイレです。

トイレのしつけとして一般的なやりかたは、サークル内にペットシーツを敷いておいて、そこでおしっこをしたら褒めてあげるというものです。

床のニオイをクンクンかぎ出したり、そろそわしたりといったトレイのサインを見逃さずに、シーツのうえに乗せる、また、サークルの外に常時出しておくと、当然、ほかの場所でおしっこをする機会が多くなるので、基本的にはサークルのなかに入れておくというようなことが併せていわれていますが、我が家の場合、これは全く出来ませんでした。

まずサークルにはどうしても馴染むことがなかったので、部屋飼いをしています。サークル自体も撤去してしまったので、サークル内にペットシーツを敷くということは、そもそも当てはまりませんでした。

また、トイレのサイン、タイミングも子犬のうちは、はっきりしなくて分かりませんでした。(ウンチの時には、これだ!という明確なサインがあったのですが、おしっこに関しては前触れなく、いきなりというパターンが大半でした。)

そこで、ドッグトレーナーさんと相談して、根本的に発想を変えたしつけを行いました。

それは、『おしっこをした場所にペットシーツを敷く』というやりかたです。

最初は、部屋のあちこちでするので、部屋中がペットシーツになりましたが、こうすることで、ペットシーツ=おしっこをする場所ということを覚えさせることが出来ました。

成長するに連れて、おしっこをするお気に入りの場所というのは、だんだん決まってきます。我が家のチビの場合、キッチンの奥とベットルームのクローゼットの前という二箇所だったのですが、エリアが狭まってきます。

そうしたら、おしっこをしなくなった場所からはペットシーツを取り除くのですが、この繰り返しをするうちに、結果的にペットシーツを4枚ぐらいのエリアが最終的に残りました。

今では、ここがおしっこの場所になっています。それ以外の場所では一切しません。

このやりかたの利点は自然ということです。犬は何でも習慣化する傾向があるので、おしっこも、する場所が決まってきます。その都度、違うというのは最初のうちだけです。

なので、人間のほうで場所を決めなくても、ワンちゃんのほうで決めてくれるので、あとは、そこに合わせるだけです。

その場所にペットシーツを敷いておけば、結果的にそのうえでおしっこをすることになりますが、これを繰り返していれば、ペットシーツ=おしっこと認識してくれます。だから、ペットシーツが敷いていないところでは、おしっこをしなくなるというわけです。

マテやオスワリを覚えさせる時には、偶然、そのポーズが出来たときに褒めるということを繰り返すことで、だんだん覚えてもらうというやりかたをしますが同じ要領です。

ワンちゃんにとっては無理に何か特定の動作をさせられるわけではないのでストレスなく覚えられます。

もちろん、サークル内に入れておいて・・・といったやりかたが出来るようであれば、それでも構わないのですが、それが厳しいというケースの代替案としてお伝えさせて頂きました。

ちなみに、このやりかたは日頃のワンちゃんの自然な行動に後付けで行うので、基本的にどんなワンちゃんに対しても有効だと思います。