犬のしつけ実例集:吠え癖を治すには

吠えるというのは、犬にとって自然な行動でもあるので、しかたがない一面もあるのですが、吠え癖はなくしたいものです。

やりかたですが、吠えているときは一切構わない=無視が基本です。ここで怒ってしまうと、ワンちゃんは構ってもらえたと認識します。吠えれば飼い主の注意を惹きつけられるということを学習してしまい、ますます吠えるようになります。

吠え癖をやめさせるには、褒めても、何もイイことが起きないということを学習させることです。

ちなみに、ここが間違いの原因ともなるのですが、飼い主が叱る、どなるというのは、ワンちゃんにとって必ずしも悪いことではありません。

飼い主さんに構ってもらえた(遊んでもらえた)と認識する可能性のほうが高いです。ワンちゃんにとって、飼い主さんに構ってもらえるのは、それだけ嬉しいことなんです。(初めて、このことを知ったとき、犬の愛情を感じてしまうのが私だけでしょうか)

ワンちゃんにとって、最も悲しいことは飼い主さんから無視されることなので、この習性を利用します。

たとえば、飼い主さんに遊んでほしくて吠えているとします。この場合、吠えている最中は構わず無視をして、おさまったら、そこで初めて遊んであげます。

ごはんもそうですが、吠えて催促している間は絶対にあげません。最悪なのは、催促しているときに『わかったよ』と要求に応えてしまうことです。これは吠える癖を強化しているのと一緒なのでNGです。

鳴きやみ、おとなしくなった後、あげるようにします。

これを繰り返していけば、だんだん吠えることはマイナスということを学習します。

ワンちゃんが何かを訴えて吠えると、つい構ってしまいがちですが、これが吠え癖への第一歩となります。飼い主のほうで意識しないと、ついやってしまうので、注意するようにしましょう。