犬を飼うための費用

犬を飼うにあたり、現実的なこととして気になるのが費用でしょう。やはり、それなりにお金はかかります。参考までに、我が家の例をまとめてみました。

ちなみにエサや予防接種はワンちゃんの体重によって費用が異なります。我が家のチビは7キロ弱です。

飼うときにかかる費用

    自治体への登録料 3000円前後(自治体によって違うそうです。)
    ゲージ 15000円(我が家の場合、結果的に必要なかったのですが・・・)
    キャリーケース8000円(最初、小さいモノを買ってしまい、買い換えることになりました。大きさには要注意です。)
    エサの容器 1000円
    水の容器  3000円(自動給水器を購入したので、ちょっと高めです。)
    首輪 2000円
    リード 3000円(5mの伸縮タイプ)

定期的にかかる必要

    えさ代 約4000円/1ヶ月 (1キロ1200円のプレミアムフード)
    オヤツ 約1000円/1ヶ月
    狂犬病予防接種 約3000円/1年
    混合ワクチン 約6000円/1年(5種)
    フィラリア予防 約8000円/1年
    ダニ予防    約8000円/1年
    シャンプー代 約4000円/1ヶ月
    ペット保険 約23000円/1年(費用自己負担率50%)

シャンプー代というのは、爪切りや肛門絞りといったケアも含めて、1ヶ月に1回美容院でシャンプーをしてもらっている値段です。

飼い始めた当初、自分では出来なかったのでお願いしたのがきっかけですが、チビ自体が美容院のスタッフさんに懐いて、いい遊びの機会にもなっているので、定期的に連れていっています。

その気になれば自分で出来ることなので、必須の費用ではないですね。

ペット保険は万が一のことを考えて加入しています。幸い、今まで使ったことはありませんが、手術ともなれば数万円はあっという間に吹っ飛ぶので、文字通り保険として使っています。

このまま使う機会がないままだといいなと思います。

ダニ予防も必須ではありませんが、チビの場合、一度、ダニがついて痒がった時期があったので、それがきっかけで予防するようにしています。

犬は痛みには強い動物ですが、かゆみについては人間以上に辛く感じるらしく、ダニがついたときのかゆがり度合いは凄かったので、他のワンちゃんに移さないようにということも考えて予防しています。

チビは体重を考えると小型犬、費用がかからない犬種ですが、それでも1ヶ月1~2万円は使っているでしょうか。

いざという時のケアなども考えると、多少はお金に余裕が無いと飼ってはいけないですね。