犬を飼う前に読んでおくべき犬の10戒

作者不詳のまま広く世界に伝わったという言われていますが、実際にはノルウェーのMrit Teigenというブリーダーが犬の買い手に渡している『犬からご主人への11のお願い』を原典とするものです。

日本でも広く知れ渡っており、『犬と私の10の約束』といった映画にもなっています。
http://www.inu10.jp/index.html



犬を飼うということに対して、かなり考えさせられる映画です。犬を飼うことを検討している人には、是非見て頂きたい映画です。



この『犬の10戒』、犬を飼っていない人からみればいい話で終わってしまうかもしれませんが、犬を飼う責任という目線で見ると、どれも深いです。
自分がキチンと守れるかどうか、自問してみるのもいいと思います。


1.私と気長につきあってください。
(Give me time to understand what you want of me.)


2.私を信じてください。それだけで私は幸せです。
(Place your trust in me. It's crucial to my well-being.)


3.私にも心があることを忘れないでください。
(Be aware that however you treat me I'll never forget it.)


4.言うことを聞かないときは、理由があります。
(Before you scold me for being lazy, ask yourself if something might be bothering me.)


5.私にたくさん話しかけてください。人の言葉は話せないけど、わかっています。
(Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I do understand your voice when it's speaking to me.)


6.私をたたかないで。本気になったら私のほうが強いことを忘れないでください。
(Remember before you hit me, I have teeth that could hurt you, but that I choose not to bite you.)


7.私が年を取っても、仲良くしてください。
(Take care of me when I get old.)


8.あなたには学校もあるし友達もいます。でも、私にはあなたしかいません。
(You have your work, your entertainment, and your friends. I have only you.)


9.私は10年くらいしか生きられません。だから、できるだけ私と一緒にいてください。
(My life is likely to last 10 to 15 years. Any separation from you will be painful for me.)


10.私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。そして、どうか覚えていてください。私がずっとあなたを愛していたことを。
(Go with me on difficult journeys. Everything is easier for me if you are there. Remember I love you . . .)